検索結果資料の内容

ご利用の地域の図書館が所蔵している場合、そちらの方が早く借りられることもあります。
また、ご利用の地域の図書館に申し込み、県立図書館の資料を取り寄せることもできます。
岡山県図書館横断検索


この資料の情報へのリンク:

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 0 予約数 0

資料の状態

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料番号資料種別請求記号配架場所状態 貸出
1 0014386155図書一般081.6/タタ17/51F人文貸出中  ×

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


書誌情報サマリ

タイトル

多田富雄コレクション 5  寛容と希望 



書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

書誌種別 図書
タイトル 多田富雄コレクション 5  寛容と希望 
タイトルヨミ タダ トミオ コレクション カンヨウ ト キボウ 
人名 多田 富雄/著
人名ヨミ タダ トミオ
出版者・発行者等 藤原書店
出版者・発行者等ヨミ フジワラ ショテン
出版地・発行地 東京
出版・発行年月 2018.1
ページ数または枚数・巻数 290p
大きさ 20cm
価格 ¥3000
ISBN 978-4-86578-154-0
ISBN 4-86578-154-0
注記 解説:最相葉月 養老孟司
注記 多田富雄略年譜・主要著作一覧:p279〜290
分類記号 081.6
内容紹介 世界的免疫学者にして能作者、詩人、そして珠玉の随筆を残した多田富雄。その膨大な著作をテーマ別に厳選。5は、科学・医学・芸術と出会った青春時代の回想と、次世代へのメッセージを収録する。
著者紹介 1934〜2010年。茨城県生まれ。千葉大学医学部卒業。東京大学名誉教授。専攻・免疫学。84年文化功労者。「免疫の意味論」で大佛次郎賞、「寡黙なる巨人」で小林秀雄賞を受賞。
言語区分 JPN
タイトルコード 1009812180370



目次


内容細目

アフガニスタンの朝長   友枝昭世の「朝長」を見て   11-16
神様は不在   詩   17-20
オートバイ   ケンタウロスに捧ぐ   21-25
弱法師   森山開次のコンテンポラリーダンス「弱法師」と、故高橋進の能「弱法師」の記憶とともに   26-29
見知らぬ少年   詩   30-32
リトルリーグ   詩   33-36
黄金の夕陽   若くして逝った友永井俊作に   37-41
わが青春の日和山   45-47
戦後初めての少年   48-51
指が池   52-55
迷惑のすすめ   56-57
涙の効用   58-59
遠い夏の日の川   60-67
人それぞれの鵺を飼う   68-104
百舌啼けば   105-108
世阿弥著『風姿花伝』(花伝書)   111-113
聴診器   114-115
新・新人類   116-117
時間の時速   118-119
性とはなにか   120-137
鳴らない楽器   138-141
人それぞれの時計   142-144
生命と科学と美   理科が嫌いな中学生の君へ   145-156
能と日本人の個人主義   157-161
見者の見たもの   162-163
頰を撫でる風   二十一世紀の元旦に   164-167
皇室   168-170
少年に教えられた命の大切さ   171-172
家族と正業 生活の両輪   173-175
小林秀雄の読み方   若き読者のために   176-180
科学ジャーナリストの育成を   私の紙面批評   183-185
全体をみることは創造につながる   生命科学の地平   186-197
先端医療と医学教育   198-200
職業としての医師の変貌   201-205
救死という思想   206-210
近代医療に欠けているもの   211-212
病院ってなに   213-214
水俣病という「踏み絵」   215-216
理科系と文科系   217-218
教養とは何か   219-221
ゲノム解析と教育   222-226
中等教育の目標   227-228
若き研究者へのメッセージ   教えられたこと、伝えたいこと   229-247
未来のサイエンスの担い手たちへ   解説   249-261
最相 葉月/著
多田富雄さんの世代と生き方   解説   263-273
養老 孟司/著
もどる

本文はここまでです。


ページの終わりです。