検索結果資料の内容

ご利用の地域の図書館が所蔵している場合、そちらの方が早く借りられることもあります。
また、ご利用の地域の図書館に申し込み、県立図書館の資料を取り寄せることもできます。
岡山県図書館横断検索


この資料の情報へのリンク:

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

資料の状態

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料番号資料種別請求記号配架場所状態 貸出
1 0013768460図書一般375.422/シラ17/2F社会貸出可 

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


書誌情報サマリ

タイトル

児童の科学的概念の構造と構成



書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

書誌種別 図書
タイトル 児童の科学的概念の構造と構成
サブタイトル ヴィゴツキー理論の理科教育への援用
タイトルヨミ ジドウ ノ カガクテキ ガイネン ノ コウゾウ ト コウセイ
サブタイトルヨミ ヴィゴツキー リロン ノ リカ キョウイク エノ エンヨウ
人名 白數 哲久/著
人名ヨミ シラス テツヒサ
出版者・発行者等 福村出版
出版者・発行者等ヨミ フクムラ シュッパン
出版地・発行地 東京
出版・発行年月 2017.1
ページ数または枚数・巻数 222p
大きさ 22cm
価格 ¥4000
ISBN 978-4-571-10177-9
ISBN 4-571-10177-9
注記 文献:p206〜215
分類記号 375.422
件名 理科生活科
件名 Vygotskii Lev Semyonovich
件名 ヴィゴツキー レフ・セミョーノヴィチ
内容紹介 市民の科学的リテラシーの重要性は増大の一途にある。その向上に必要な要件を整理し、研究の基軸に「科学的探究」を据えて、子どもの科学的概念の構造と構成、および、効果的な教授・学習モデルについて論究する。
著者紹介 1969年愛知県生まれ。昭和女子大学大学院生活機構研究科生活機構学博士後期課程修了。博士(学術)。同大学附属昭和小学校教諭。NPO法人ガリレオ工房副理事長。
言語区分 JPN
タイトルコード 1009812083899
目次 序章 先行研究の到達点と研究の目的
第1節 先行研究の到達点と課題/第2節 本書の構成
第1章 市民の科学的リテラシー向上につながる「科学的探究」学習の在り方の検討
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 市民の科学的リテラシーの重要性/第4節 我が国の理科教育の課題/第5節 「科学的探究」学習の有用性と学校教育における課題/第6節 まとめ
第2章 構成主義学習論の視点に立った「科学的探究」学習構築の意義の検討
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 我が国の問題解決学習の変遷と「探究」の位置づけ/第4節 構成主義学習理論の展開/第5節 生活的概念と科学的概念の相互作用/第6節 米国の理科教育に見られる理科学習論/第7節 まとめ
第3章 「科学的探究」学習による生活科授業デザイン-鳥の巣を教材として-
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 自然認識の拡張/第4節 生活科授業で気付きの質を高める「科学的探究」の基礎の検討/第5節 生活科授業による事例的分析/第6節 考察/第7節 まとめ
第4章 「科学的探究」学習による理科授業デザイン-FOSSの学習プログラムを手がかりとして-
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 FOSSの「科学的探究」/第4節 「空気」と「風」を関係づける学習プログラムの設計/第5節 授業実践による事例的分析/第6節 まとめ
第5章 「科学的探究」学習による科学的概念の構築を図るための理科授業デザイン-第3学年「じ石」を事例として-
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 米国における「探究」の捉え方/第4節 「科学的探究」の教授・学習モデルの構築/第5節 我が国の理科教育における問題点/第6節 「科学的探究」の教授・学習モデルに基づく事例的研究/第7節 理科授業による事例的分析の考察/第8節 まとめ
第6章 科学的概念の構築を図る理科授業への提言
第1節 問題の所在/第2節 研究の目的/第3節 研究の内容/第4節 コミュニケーションを重視した理科授業の事例-鳥の巣を教材として/第5節 まとめ
終章 研究の成果と課題
第1節 研究の成果のまとめ/第2節 研究内容の妥当性/第3節 残された課題



目次


内容細目

もどる

本文はここまでです。


ページの終わりです。