検索結果資料の内容

ご利用の地域の図書館が所蔵している場合、そちらの方が早く借りられることもあります。
また、ご利用の地域の図書館に申し込み、県立図書館の資料を取り寄せることもできます。
岡山県図書館横断検索


この資料の情報へのリンク:

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 1 在庫数 1 予約数 0

資料の状態

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料番号 資料種別 請求記号 配架場所 状態 貸出
1 0003481462図書一般210.5/136/351F人文貸出可 

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


書誌情報サマリ

タイトル

人づくり風土記 35  ふるさとの人と知恵 山口 

出版者・発行者 農山漁村文化協会
出版年月 1996.2


書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

書誌種別 図書
タイトル 人づくり風土記 35  ふるさとの人と知恵 山口 
タイトルヨミ ヒトズクリ フドキ フルサト ノ ヒト ト チエ ヤマグチ 
出版者・発行者 農山漁村文化協会
出版者・発行者等ヨミ ノウサン ギョソン ブンカ キョウカイ
出版地・発行地 東京
出版・発行年月 1996.2
ページ数または枚数・巻数 396p
大きさ 27cm
価格 ¥4369
ISBN 4-540-95084-3
注記 35の副書名:江戸時代
注記 山口の江戸時代年表 河本福美編:p385〜388 江戸時代山口の主な文献資料 山崎一郎編:p389〜392
分類記号 210.5
件名 日本-歴史-江戸時代
言語区分 jpn
タイトルコード 1009610013694



目次


内容細目

近世の山口
毛利氏の防長受領と萩本藩・四支藩の成立・各地
瀬戸内開作の推進・瀬戸内
水防と通船を図る萩城下の治水事業・萩
灌漑用のトンネル潮音洞を掘削した岩崎想左衛門・都濃
万治制法によって整備された支配体制と、藩士、領民の生活・各地
享保の大飢饉、その惨状と救援活動・各地
特別会計を生かした財政改革、宝暦検地と撫育方の創設・各地
長州藩の太平の眠りを覚ます天保一揆と天保改革・各地
みずからの開国への大転換となった下関攘夷戦争・下関
長州征伐をはねのけた人々・各地
萩焼の創始と発展・萩
塩の生産と流通・防府
藩財政を支えた請紙制と紙漉村の厳しい暮らし・都濃・佐波
綿花生産と綿織物の発達・岩国・大島
長門北浦の捕鯨の歴史・長門
製塩の燃料に使われた、長門南部の石炭・宇部・小野田
官民共同で推進した櫨栽培と蠟づくり・各地
北前船の寄港地として繁栄した沿岸諸港・各地
伊佐の売薬・美祢
小嶋惣兵衛と鯔網漁業の発展・瀬戸内
長門国の鉄山業・長門
萩藩学の創生と発展・萩
各支藩が力を注いだ学館と郷学の隆盛・各地
全国一、二の普及をみせた萩藩各地の私塾と寺子屋・各地
雪舟の画風を再興した雲谷派画人の活動・萩
萩藩の村絵図づくりに尽くした有馬喜惣太・各地
西洋医学を積極的に摂取し活用した萩藩・各地
富国強兵の要請に応えた幕末防長の洋学と兵学・萩
志士輩出の起爆力となった松下村塾の教育実践とその影響・萩
大島久賀村の梯子田と農耕文化・大島
各地の建造物に作品を残した、大島の石工・大島
港町豪商の経営姿勢を示す柳井津商家の家訓と店則・柳井
離島の暮らしを支えた見島牛・萩
周防山地の山村に生きる「滑問答略記」の世界・玖珂・都濃
オシクラゴウを伝える青年宿の村、玉江浦・萩
大内文化の優雅な遺産、八坂神社の祇園会と鷺舞・山口
日本全国に巡業し、人気を博した徳地人形浄瑠璃・佐波
二所神社の風鎮祭・熊毛
七年に一度の厳粛な神迎え蓋井島の山の神神事・下関
転換期を生き抜いた藩祖、毛利輝元・萩
吉川広嘉と独立禅師、領主と亡命僧の出会い・岩国
徳山藩の再興を果たした奈古屋里人の活躍・徳山
長州藩中興の祖、毛利重就・萩
防長古文辞学をおこした儒学者、山県周南・萩
岩国綿作の開発の功労者、村本三五郎・岩国
江戸時代の女流俳人、田上菊舎・豊浦・吉敷
安政改革を推進した周布政之助・萩
航海遠略策を確立した長井雅楽の波瀾に富んだ人生・萩
幕末の豪商志士、白石正一郎・下関
幕末を駆けぬけた若き指導者、高杉晋作・萩
長府藩製糖業の創始者、永富独嘯庵・下関

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

210.5 210.5
210.5 210.5
日本-歴史-江戸時代
もどる

本文はここまでです。


ページの終わりです。