検索結果資料の内容

ご利用の地域の図書館が所蔵している場合、そちらの方が早く借りられることもあります。
また、ご利用の地域の図書館に申し込み、県立図書館の資料を取り寄せることもできます。
岡山県図書館横断検索


この資料の情報へのリンク:

蔵書情報

この資料の蔵書に関する統計情報です。現在の所蔵数 在庫数 予約数などを確認できます。

所蔵数 2 在庫数 1 予約数 0

資料の状態

各蔵書資料に関する詳細情報です。

No. 資料番号 資料種別 請求記号 配架場所 状態 貸出
1 0016137069図書児童C539/イマ/1F児研室研究用  ×
2 0016629685図書児童C539/イマ/1F児童貸出中  ×

この資料に対する操作

カートに入れる を押すと この資料を 予約する候補として予約カートに追加します。

いますぐ予約する を押すと 認証後この資料をすぐに予約します。

この資料に対する操作

電子書籍を読むを押すと 電子図書館に移動しこの資料の電子書籍を読むことができます。


登録するリストログインメモ


書誌情報サマリ

タイトル

核のごみをどうするか

人名 今田 高俊/著
人名ヨミ イマダ タカトシ
出版者・発行者 岩波書店
出版年月 2023.4


書誌詳細

この資料の書誌詳細情報です。

書誌種別 児童図書
タイトル 核のごみをどうするか
サブタイトル もう一つの原発問題
シリーズ名 岩波ジュニア新書
シリーズ番号 967
タイトルヨミ カク ノ ゴミ オ ドウスルカ
サブタイトルヨミ モウ ヒトツ ノ ゲンパツ モンダイ
シリーズ名ヨミ イワナミ ジュニア シンショ
シリーズ番号ヨミ 967
人名 今田 高俊/著   寿楽 浩太/著   中澤 高師/著
人名ヨミ イマダ タカトシ ジュラク コウタ ナカザワ タカシ
出版者・発行者 岩波書店
出版者・発行者等ヨミ イワナミ ショテン
出版地・発行地 東京
出版・発行年月 2023.4
ページ数または枚数・巻数 7,226p
大きさ 18cm
価格 ¥960
ISBN 978-4-00-500967-1
ISBN 4-00-500967-1
分類記号 539.69
件名 放射性廃棄物
内容紹介 原子力発電によって生じる高レベル放射性廃棄物。放射能の影響が弱まるまでの長い年月を要するこの「核のごみ」をどのような方法で処分すればよいのか。専門家らによる提言を読み解きながら、問題解決への道を探る。
著者紹介 東京工業大学名誉教授。学術博士(同大学)。専門は社会システム論、社会階層研究、リスク社会学。
言語区分 JPN
タイトルコード 1009812672594
目次 序章 核のごみ問題とは?-高レベル放射性廃棄物の処分をめぐって(今田・寿楽)
核のごみとは何か/原子力発電の開始いらい30数年間も問題を放置した/とても危険な核のごみ/どう処分しようとしているのか/地層処分はNUMOが担当することになっている/科学の力で安全と言い切れるのか/核のごみ処分についての悩ましい問題/不公平問題をどうするかも悩みのたね/世界でも核のごみ処分は大きな問題になっている
第1章 海外の取り組みから学ぶ-日本固有の事情を考えるために(寿楽)
原子力発電大国アメリカでの紆余曲折/カナダの経験と「適応性のある段階的管理」/「可逆性」にこだわるフランス/日本と類似するイギリスの取り組み/ドイツでの脱原発と核のごみ処分政策の見直し/脱・脱原発国スウェーデンの悩み/核のごみ処分場のトップランナーとされるフィンランド
第2章 地層処分の科学技術的な根拠はあるのか(今田)
核のごみを超長期にわたって人間界から隔離する/地層処分、地下300mより深く埋めて封印する/核のごみ(再処理後に残る)のガラス固化体2万6000本/大地震・火山活動による爆発・飛散の危険性を考える/地下水の流れによる安全評価は不十分/地層処分の安全性を研究-瑞浪超深地層研究所と幌延深地層研究センター
第3章 国民的理解を得るにはどうすればよいか-原子力委員会からの審議依頼(今田)
処分地候補に応募する自治体がない/原子力委員会が日本学術会議へ審議を依頼/高レベル放射性廃棄物の処分に関する検討委員会を設置/国民の理解が得られないわけ/どのような観点から議論すればよいか/原子力委員会へどのような回答をしたのか/さらに何をなすべきか
第4章 行き詰まりを打開する具体策はあるのか-12の政策提言(今田)
暫定保管と中間貯蔵はどう違うのか/政策提言の大まかな構成とは/どうする暫定保管の方法と期間/事業者の発生責任と地域間負担の公平性が問われている/将来世代への責任をどう取るのか/最終処分へ向けた立地候補地の選定とリスク評価をどうするのか/合意形成に向けた組織体制をどう整えるのか
第5章 少人数の討論によって理解を深める-Web上の討論実験(今田)
討論型世論調査で良質な民意を測る/Web上の討論型世論調査をどのように設計したか/地層処分についての理解は得られたか/中間貯蔵よりは暫定保管のほうが望ましい/総量管理による「脱核ごみ」意識は討論にかかわらず高い
第6章 受益圏と受苦圏の分離がもたらす不公正問題(中澤)
受益圏・受苦圏とは何か/分離する受益圏と受苦圏/介在する社会経済的格差/経済的補償にともなう問題/複雑化する受苦圏と受苦圏の利害対立/国外にまで広がる受苦圏/将来世代にも影響がおよぶ/解決策はどうあるべきか-分離型から重なり型へ
第7章 リスクをどう受け止めるか-不確実性のもとでの意思決定(寿楽)
リスクの語源ともとの意味/リスクと自己責任/現代社会のリスクの性質/自己責任論では解決できない/リスクを定量化すればよい?/破局的なリスク/未知の度合いの高いリスク/不確実性とどう向き合うか-核のごみに立ち戻って考える/法制度的枠組みを再検討する/科学者の認識共同体で開かれた検討を進める/使用済み核燃料の存在と取り組み/多段階の合意形成への取り組み
終章 社会の叡智が問われている-エネルギー問題の将来を見据えて(寿楽・今田)
答えを出さねばならない問題/どこにも答えがない問題に答える/取り切れない責任を取る仕組みを考える/社会の叡智を集めて/学術の役割、政治の役割/市民の役割、皆さん自身の役割
注記
付録 委員会構成メンバー一覧
おわりに



目次


内容細目

関連資料

この資料に関連する資料を 同じ著者 出版年 分類 件名 受賞などの切り口でご紹介します。

539.69 539.69
放射性廃棄物
もどる

本文はここまでです。


ページの終わりです。